着物は柄付けや工程の違いによって様々な種類に分類されます。

黒留袖

既婚女性の正装として、結婚式に新郎新婦の母親などが着る着物です。

生地は地模様の無い縮緬が黒い地色で染められており、五つ紋(染め抜き日向紋)がついています。

また、絵羽模様は腰よりも下の位置にのみ置かれているます。

色留袖

黒留袖に対して黒以外の地色で染められた留袖で、既婚・未婚に関係なく着ることが出来ます。

また、色留袖の場合五つ紋だけではなく三つ紋や一つ紋の場合もあります。

振袖

主に未婚女性用の正装です。豪華な絵羽模様が特徴で、主に結婚式や成人式で着用されます。

訪問着

未婚・既婚に関わらず女性用の正装です。

絵羽模様があり、華やかな雰囲気を持つことが特徴です。

付け下げ

訪問着を簡略化したもので、絵羽模様ではなく、着た際に訪問着のような位置に柄が置かれます。

略式礼装に当たるため儀式などの重い席には着用されることが少なく、パーティーなどで着用されることが多いです。

色無地

無地の着物で、一色に染められていることが特徴です。紋なしは街着感覚として、紋をつけたものは礼装として着用されます。

 

帯にも格があり、着物との格を揃えて着用されます。

袋帯

袋帯はフォーマルな帯とされ、表地と裏地の2枚の生地を縫い合わせて袋状に仕立ててられています。

袋帯の前形は丸帯で、裏、表ともに同じ生地が用いられます。

袋帯は通常の帯の倍の幅の帯地を二つ折りにして片側を縫い合わせ仕立てたもので、高級品とされています。

名古屋帯

フォーマルな袋帯に対して、名古屋帯はカジュアルな帯です。

もともと袋帯を簡略化したものであるため、正装向きではありません。

しかし、袋帯よりも簡単に締められ、素材や柄などで使い分けることで、普段だけではなく多少改まった場所にも締められます。

そのため、とても重宝な帯といえます。

半幅帯

よりカジュアルな帯で、普段着の際に使用されます。

公的な場では、打掛の下に締めるなど見えない部分以外では使用されません。

ファブリック帯

半幅帯と同じくカジュアルな場で使用されます。

芯が入っておらず、長さや幅も様々で体型にあった幅にたたんで使用されます。

結びやすさと軽さが魅力です。