鼻煙壷(びえんこ)

鼻煙壷嗅ぎ煙草の入れもので、中国清代初期から使われていました。イタリアから中国に伝わった嗅ぎ煙草は上流社会を中心に中国でも大流行をしました。しかし、欧州と違い湿気の多い中国は、高級な嗅ぎ煙草を湿気らせないように、薬を入れるためのガラスの小瓶を代用品として使っていました。これが鼻煙壷の原型となり、携帯用容器から芸術性を競うものとして発展しました。
高価な美術品的価値から諸外国との外交に使われ、欧州の香水瓶に影響を与え、またアールデコ様式に影響を与えた要素の一つとなったのはあまりにも有名です。

犀角(さいかく)

犀角動物のサイの角。
犀角は貴重な彫刻の材料としてだけではなく、薬としても重視されました。
犀角の彫刻作品は、尖端部分を切り落とし、断面がやや三角形を呈した犀角杯に作られたものが多いです。

印材

印章を彫るための素材で、金属・牙骨・石・植物素材・陶磁などがあります。
元明の時代に印章石が発見され、中国篆刻時代が始まりました。それまで書家が自分には彫れなかったものが、自らの表現を実現できるようになったからです。また石自体の豊富な種類、文様や色彩、独特な手触り。またその希少性から軟宝石(やわらかい宝石)としてコレクションの背景になったようです。福建省寿山の田黄(でんおう)石は、同量の金より数倍から数十倍の価格が付いたといわれます。

玉器(ぎょっき)

玉器軟玉製儀器類。新石器時代から制作され、殷周秦漢代に発達しました。
装身具に腕輪,けつ状耳飾,弓なりの首飾や小玉(こだま),垂飾,かんざし等があります。

青銅器

中国古代において、青銅器は単なる実用品ではなく、祀りや儀式に用いられ、次第に権威を象徴するものと考えられるようになりました

兵馬俑(へいばよう)

兵馬俑死者の埋葬の際に副葬された俑(墓に副葬する葬具の一種)で、兵士・馬をかたどったものです。
埴輪は一体ずつ全て異なっており、その規模と精巧さは恐ろしいほどで、6000体の兵俑の中は全てどこか違って造られています。兵俑は又その顔によって出身の民族が分かる程上手に造られており、髪型さえも一つとして同じものはないといわれています。

 

青磁(せいじ)

胎土・釉薬に鉄分を含ませ、青緑色・灰青色・黄褐色に焼きあげた陶磁器のこと。起源は灰釉陶器で、漢時代に浙江省北部で完成されたといわれています。

白磁(はくじ)

白地に無色の釉薬をかけた磁器の総称。青磁の製造技術の完成と共に発展し、北宋時代の定窯で、白磁の名品が多く作られるようになった

 

澱青釉(でんせいゆう)

澱青釉青みがかった半透明の釉薬。
宋・元の頃、河南省禹県を中心に、華北一帯でこれを使った堅い陶器がさかんに制作されました。

唐筆(中国筆)

中国美術においては、実用性だけでなく装飾性も追求されてきました。湖筆が最も名高いとされています。