漫画雑誌

今でもメジャーな少年サンデー、少年マガジン、少年ジャンプ、少年チャンピオンなどのほか、

残念ながら廃刊となってしまった少年画報や冒険王、おもしろブックなど数多くの漫画雑誌があります。

これらの漫画雑誌が刊行されたのは昭和30年代頃で、

当時は手塚治虫や桑田次郎、横山光輝、赤塚不二夫、藤子不二雄など著名な作家が連載していました。

この頃の漫画雑誌は今でもコレクション品として人気が高いです。

 

週刊誌

時代性と報道性を兼ね備えた週刊誌は多くの人から支持されました。

週間朝日とサンデー毎日はほぼ同時期に刊行され2台巨頭として業界をリードしてきました。

漫画雑誌と同じように昭和30年代頃になると週刊ダイヤモンドや週刊新潮などの、雑誌が刊行され業界は大きく賑わいました。