書道用の筆です。

筆の材料には馬や羊をはじめ、狸、イタチ、猫などの毛が用いられ、それぞれに特徴があります。

 

馬:弾力のある天尾は太筆に、銅毛は柔らかく粘りがあるため上毛(芯の腰毛の散逸を防ぐ)に用いられます。

羊:衣類に使われる毛とは異なり、山羊の毛が用いられます。羊毛は墨含み、耐久性に優れているため太筆、細筆ともに用いられます。

狸:毛先が硬いため、筆先に力を必要とする際に用いられます。

イタチ:毛全体に弾力があるためとても重宝されます。仮名筆に多く用いられます。

猫:毛先が柔らかく、粘りがあるため仮名筆などに最適です。

 

書は中国でも日本でも大変深い歴史を持ち、筆も骨董的価値の高いものが数多くあります。