京都の旧家より買い取らせていただいた錫製の茶托です。

流派によっては「托子」「茶台」「茶托子」「納敬(のうけい)」などと呼ばれます。

 

明から伝来した煎茶法を起源とする日本の煎茶道では、元々茶托にあたる物はなかったと考えられています。

江戸時代中ごろに清から杯と杯台が輸入されるようになりましたが、日本の煎茶法でこの杯を茶碗に転用する際に、杯台が茶托に転じたものと考えられます。

また、その際に輸入物の杯台は錫製が大半だったため、日本の煎茶道では錫製の茶托が最上とされています。