京都のお寺より買い取らせていただいた経典です。

経典とは仏教においてお釈迦様が説いた教えを記録した聖典のことを指します。

一口に経典と言っても内容と教義べつにそれぞれ3種類に分類されます。

 

内容別に分類すると、「経」「律」「論」に分かれ、3つ合わせて三蔵と呼ばれます。

「経」:釈迦の教えをまとめたもの

「律」:仏教徒の行動規範(戒律)

「論」:経や律を研究しまとめたり、注釈をつけたもの

西遊記に出てくる三蔵法師の三蔵とは、この三蔵を知り尽くした高僧の敬称です。

 

教義別に分類すると、「小乗経典」「大乗経典」「密教経典」に分かれます。

「小乗経典」:お釈迦様が直接弟子に説いた教え、原始仏教経典ともいいます。

「大乗経典」:在家信者(出家のしてない信者)に教えを説くための経典です。法華経や般若心経がこれにあたります。

「密教経典」:密教の奥義を説いた経典です。