京都の旧家より買い取らせていただいた茶道具一式です。

茶碗、建水、水指など様々な茶道具がございます。

 

一般的に茶道具といえば、茶碗や湯呑、柄杓、お盆など茶を入れる際に必要な道具を思い浮かべるのではないでしょうか。

しかし、茶道の世界では床の間に飾る掛軸や、華を生ける花瓶、または華そのものもまた茶道具の一つとされています。

その理由は、茶道とは茶の湯を楽しむ行為ではなく「相手をもてなす空間」であるとされるからです。

そのため、茶の湯の空間を構成するものすべてが茶道具とされます。