平原の王者や赤銅鈴之助など今となっては大変珍しい漫画ばかりです。

赤銅鈴之助は、剣技に優れた鈴之助は江戸で修行を積むなかで、兄弟子との確執や反幕府勢力との戦いなど様々な事件に巻き込まれながらも、自分の正義と剣を信じ道を切り開いていくお話です。

「赤銅鈴之助」という作品は1954年に福井英一によって雑誌「少年画報」に連載されました。

しかし、第1回が掲載されたところで福井が急逝してしまい、武内つなよしが後を引き継ぎました。

その後、大人気漫画となりアニメ化、映画化、テレビドラマ化ややラジオドラマ化されました。