京都市は東山区のお宅にて旧帝国陸軍将校用の背嚢(はいのう)を買い取らせていただきました。

江戸時代(幕末)、幕府が洋式軍隊制度(幕府陸軍)を導入する際、将兵の携行物を収納するための装備品としてオランダからもたらされた背嚢がモデルとなっています。

これはのちに通学用のランドセルへと日本独自の発展を遂げ、近年ではその有用性やファッション性が世界で評価されはじめています。ランドセルの通学用としての使用も、もとは皇太子嘉仁(のちの大正天皇)が学習院に入学のさいに侍従にせがんで軍隊の背嚢を背負って登校したことがきっかけとされています。

明治時代以降、本格的な洋式軍隊として建軍された帝国陸軍においても歩兵など徒歩本分者たる尉官准士官見習士官、および下士官以下用として本品のように革製の背嚢が採用されました。陸軍のあかしとして星章が刺繍されています。

2 3 4 5 6 7 8 9 12

We visited Higashiyama district and purchased an original military bag of Imperial Japanese Army.

Along with a wave of western reforms in the Japanese military in late Edo period and Meiji period, the Netherlands-style rucksack called ransel was introduced as a new way for the foot soldiers to carry their baggage.

The shape much resembles the randoseru bags used today by elementary schoolchildren in Japan.

In 1885, the Japanese government, through the elementary school Gakushūin, proposed the use of a backpack as the new ideal for Japanese elementary school students. The crown prince of the time was given a backpack upon entering elementary school (at Gakushūin). To honor the soldiers of the country, the shape of the backpack resembled the backpacks used in the military. This quite immediately became the fashion, and the shape has continued to become the randoseru used today.