大阪市は東淀川区のお宅にてレミントン製タイプライターを買い取らせていただきました。

レミントン(E. Remington and Sons (1816–1896)→レミントンランド(1927-1955))は世界で初めて商業用タイプライターを送り出したことで知られています。

1874年、小火器やミシンを製造していたE・レミントン・アンド・サンズ社(後のレミントン・アームズ)により最初のレミントン製タイプライターが売り出されます。世界で初めてQWERTY配列のキーボードを採用した、その画期的なタイプ速度が評判を呼び、1890年には、レミントン・タイプライター社は年間2万台のタイプライターを製造する大企業に成長します。

本品モデル5は1932年から1939年まで製造され“世界のベストセラー”と謳われた秀逸なモデルです。

2 3 4 5 6 7 8 9

We visited Higashiyodobashi-ku of Osaka City and purchased a typewriter manufactured by Remington.

Remington and Sons (1816–1896) was a manufacturer of firearms and typewriters. Founded in 1816 by Eliphalet Remington in Ilion, New York, on March 1, 1873 it became known for manufacturing the first commercial typewriter.

Remington started production of their first typewriter on March 1, 1873 in Ilion, New York. The Type-Writer introduced the QWERTY, designed by Sholes, and the success of the follow-up Remington No. 2 of 1878 – the first typewriter to include both upper and lower case letters via a shift key – led to the popularity of the QWERTY layout.

This typewriter, model 5, was manufactured during 1932-1939. Remington literature describes the 5 as “the world’s best seller,” and it was certainly an enduring member of the Remington line.