滋賀県は大津市のお宅にてレコードプレーヤーを買い取らせていただきました。

こちらはベストセラーとなったPioneer PL-41をベースに改良が施されたカートリッジレスステレオプレイヤーシステムPL-41Cです。

1966年に発売されたPioneer PL-41は通称マナイタ型と呼ばれる独特のスタイルもさることながら内容も充実した物で、メーカー製プレーヤーシステムをマニアに認知させるという歴史的役割も果たした一品と評されており、PL-41に使われていたモーターの静寂さとその正確無比にOEMメーカーの横浜工学という社名まで脚光を浴びたほどでした。

そのPL41をベースにカートリッジ・レスでトーンアームを格段高級化させたPL-41Cは当時の普通の勤め人の月給2ヶ月分という値段にも関わらず飛ぶように売れ続けた傑作です。

2 3 4 5 6 7 8

We visited Otsu city of Shiga prefecture  and purchased Pioneer’s record player, PL-41C.

A Japanese multinational corporation, Pioneer, known for its sound and visual technology, produced PL-41C in the late 1960’s. It was a modified version of PL-41, the best seller record player brought in 1966.

For PL-41 series, Pioneer employed the belt-driven system, a vast improvement over the conventional rim-driven system. The belt-driven system ensures that turntable platter rotates more accurately than a turntable driven by any other system. The motor is of the hysteresis synchronous type, flawless and silent.

When PL-41C arrived in the late 1960’s, it was a massive hit despite the price as high as twice of ordinary men’s monthly paycheck.