京都市は上京区のお宅にて笙を買い取らせていただきました。

中国、朝鮮半島を経て、日本で花開いた伝統的な音楽である雅楽などで使う管楽器の笙は鳳凰を模した姿をしており、その音は「天から差し込む光」を表していると考えられていました。

「笙」のことを美称で「鳳笙(ほうしょう)」と呼ぶのもこういった理由からです。

日本では奈良時代ごろに伝わったとされ、世界最古のオーケストラと呼ばれる雅楽に欠かすことのできない笙ですが、そのハーモニカの音を澄んだ音色に変えたような音色は神秘的で「癒しの音」としても人々を魅了し西洋楽器との融合という新しい世界にも開かれた楽器として前衛音楽家として名高いジョン・ケージ(1912–1992)やアイスランドを代表する唯一無二のシンガーソングライターのビョークなどジャンルを問わず国内外の名だたる音楽家によって頻繁に使用されるほどに至っています。

本品は非常に価値の高い煤竹の竹管が使用され、頭には龍の蒔絵が施された逸品です。

uy3a9376 uy3a9377 uy3a9378 uy3a9380 uy3a9385 uy3a9387 uy3a9388

We visited Kamigyo district of Kyoto City and purchased a shō.

The shō (笙) is a Japanese free reed musical instrument that was introduced from China during the Nara period (AD 710 to 794). It is modeled on the Chinese sheng, although the shō tends to be smaller in size. It consists of 17 slender bamboo pipes, each of which is fitted in its base with a metal free reed. Two of the pipes are silent, although research suggests that they were used in some music during the Heian period. The instrument’s sound is said to imitate the call of a phoenix, and it is for this reason that the two silent pipes of the shō are kept—as an aesthetic element, making two symmetrical “wings”. The shō is one of the three primary woodwind instruments used in gagaku, Japan’s imperial court music. Beginning in the mid-20th century, a number of Japanese composers have created works for the instrument, both solo and in combination with other Japanese and Western instruments.