滋賀県は彦根市のお宅にて帝国陸軍の軍服を買い取らせていただきました。

「昭五式」と呼ばれる1930年(昭和5年)から1938年までの時期につくられた型の外套で本品は1937年製になります。

「大支検定」の印がなされていますが、これは陸軍被服廠の大阪支廠が作成した軍服であることを示しています。軍服のスタイルについては、おおまかな区分としては明治の後半より「改四五式」(1912年~)、「昭五式」(1930年~)、「九八式」(1938年~)、そして「三式」(1943年~終戦)という変遷をたどります。「昭五式」とは「昭和5年勅令第74号 陸軍服制中改正」による小規模の改正がなされたものを指しますが、その特徴は全体的に事変に対する大量動員を見越した、節約・省略型の改修でした。

本品のような下士卒外套は生地節約のため、釦(ボタン)配列はシングルになっており旧制式の改四五式と比べシンプルになっています。

2 3 4 5 8 9 13

We visited Hikone city of Shiga prefecture and purchased an overcoat that was worn as an Imperial Japanese Army Uniform.

Imperial Japanese Army Uniforms tended to reflect the uniforms of those countries who were the principal advisors to the Imperial Japanese Army at the time. This type of overcoat is called “The Showa Type 5” (昭五式), also called the M90 or 2590 or 1930 uniform.

The Showa Type 5 was designed to be simpler, more efficient, less cost in material for mass production.

This reflects how Imperial Japan was getting more involved in its expansion, leading to invasion to China and other countries in Asia.

This was made in 1937 by the factory which was directly run by the Imperial Japanese Army (陸軍被服廠).