京都市は東山区のお宅にてISLE OF WIGHT GLASS(アイル・オブ・ワイトグラス=ワイト島ガラス工房)製の香水ボトルを買い取らせていただきました。

ISLE OF WIGHT GLASSはイギリスのアートグラスムーブメントを牽引したマイケル・ハリスとその妻で著名なデザイナーでもあったエリザベスによって1973年にイギリスのワイト島に設立されました。

1994年のマイケルの死後は息子のティモシーに引き継がれ世界中で称賛を受けるガラス工房としてその製品は注目を集め続けています。

本品はキャップ部のデザインや、22Kゴールドによって特別なときのために香水にふさわしいゴージャスな装いを演出しています。部屋を華やかに彩るインテリアとしても重宝される品でしょう。

2 3 4 5 6 9

We visited Higashiyama district of Kyoto City and purchased a perfume bottle made by ISLE OF WIGHT GLASS.

The glassworks was founded in 1973 at St. Lawrence, Isle of Wight, by one of the great innovators of the British art glass movement, Michael Harris, and his wife Elizabeth, also a noted designer. The tradition of innovative glass design was continued after Michael’s death in 1994 by his son Timothy Harris. Timothy is recognised as one of Britain’s most innovative and prolific designers and makers of Studio Glass and ranks amongst the best on a world stage.