京都府は城陽市のお宅にて木曽漆器の盆を買い取らせていただきました。

木曽漆器は江戸時代の中期に、中山道を往来する旅人を相手に、豊富に産出するヒノキ、桂、栃などを材料として、曲物、ろくろ細工、櫛といった日常雑器を作り始めたのが始まりといわれています。

長野県塩尻市(旧木曽郡楢川村)とその周辺に伝わる漆器を指し、1975年に、経済産業省(当時の通商産業省)に伝統的工芸品に指定されました。

木曽漆器が、全国に名を馳せたのは、明治初期に地元から発見された「錆土(さびつち)」にあります。この錆土は、鉄分を多く含み、堅地塗をすることによって、堅牢な漆器を作ることができたからです。それを、常に周辺に良材があったことと、職人の技も成熟期を向かえたことなどから、塗り方や、加飾の方法も多彩になりました。伝統的な技術・技法については、「木曽春慶」、「木曽変わり塗り(木曽堆朱)」、「塗り分け呂色塗」の3種について定められており、それぞれ、木肌の美しさを生かす「春慶塗」、幾層もの漆によりまだら模様を表わす「堆朱」、彩漆で幾何学模様を作り出す「塗り分け呂色塗」という特色があります。

本品は1907年(明治40年)創業来、現在まで100年以上にわたって木曽漆器の発展を支えてきた老舗である龍門堂による盆です。木曽堆朱特有の艶やかで深い色合いの斑模様が美しく、食卓の品位を挙げてくれる逸品です。

1 3 4 5

We visited Jōyō city of Kyoto prefecture and purchased Kiso-shikki lacquerware (木曽漆器) tray.

Kiso-shikki lacquerware has been produced in considerable quantities for around 600 years in the Kiso (木曽) region of Nagano Prefecture (長野県). Unlike other areas, this region produces large items of lacquerware including low tables, dining tables, screens and folding screens. The greatest distinguishing feature of Kiso lacquerware is the way in which items are lacquered in many layers with many designs and painted using different colors of lacquer. Kiso lacquerware was designated a traditional craft in 1975.