大阪は交野市のお宅にてスイスのREUGE社製オルゴールを買い取らせていただきました。

1865年、シャルル・リュージュがフランス国境近くのサンクロアでオルゴール付き懐中時計の製造を始めたのがREUGE社の歴史の始まりです。

シャルルの息子、アルベール・リュージュがオルゴール工房を開き、さらに次の代を継いだギド・リュージュの時代にREUGE社を高級オルゴールブランドへと導き、いまでは「世界最高峰のオルゴールメーカー」と称されるほどのオルゴールの名門ブランドへと発展しました。

今もなおサンクロアの地で、手作業や昔ながらの技法にこだわり続けひとつのオルゴールが出来るまでに、最低3ヶ月。長いもので1年以上の歳月を経て製作されるそうです。

日本の金鯱をほうふつとさせるイルカ形の脚部に磨かれたガラスパネルが美しい”Douphin”という本モデルはブランドREUGEの名と共に日本で人気を博した定番のガラスオルゴールモデルです。

2 3 4 5 6 7 8 9 10

We visited Katano city of Osaka prefecture and purchased a music box made by Switzerland’s famous manufacturer REUGE.

Charles Reuge established his first musical pocket-watch shop in Sainte-Croix in 1865. And his son, Albert Reuge opened a music box workshop in Saint-Croix in 1886. It was Albert’s successor, Guido Reuge who built the present factrory in Sainte- Croix in 1930. Since then the REUGE is world leading music box manufacturer.

This model we purchased is called “Dauphin”. Having gilt dolphin feet and polished glass panels, Dauphin became one of the most beloved models in Japan.