京都市は山科区のお宅にて深川製磁による花器を買い取らせていただきました。

明治33年(1900年)史上最大の規模を誇った巴里万国博覧会において、最高名誉の金賞を受賞した有田の窯元「深川製磁」による色絵彩磁です。創設者・深川忠次は、この巴里万国博覧会を皮切りに、バーミンガム・ミラノ・ブリュッセル等次々に代理店を設け、欧州貿易をスタートさせました。

その大胆な構図や古伊万里スタイルを進化させた斬新なデザインは、国内外の品評会でも評価されました。その後も世界の市場を目指した忠次は、欧州の気風と日本の独自性を盛り込んだデザイン様式を発展させた「深川様式」を確立して、世界の陶磁器愛好家を魅了しました。また「精巧さのない磁器は、決して工藝と呼ばない」とする忠次は、成形・絵付・施釉・焼成などの工程毎に熟練した職人たちを集結させました。

古伊万里の「つけ濃(だ)み手法」を具現化した「フカガワブルー」と呼ばれる染付(藍色)のグラデーションや、1350度の高温焼成によって生まれる「透白磁」の磁肌といった特有の技術により深川製磁の器は出来上がっています。

こちらの花器、色絵彩磁は涼しげな明るい青に美蓉の柄が深みを与え、夏らしい軽やかな爽やかさと凛とした表情を見せてくれる逸品です。

2 3 4 5 6 7 8

We visited Yamashina district of Kyoto City and purchased a flower vase made by Fukagawa Family.

Fukagawa Family, which lit its first ceramic kiln in 1650, founded its own crafts company FUKAGAWA SEIJI in 1894.

The pair of 2m height big vase which were awarded the Grand Prize at the 1900 Exposition Universelle in Paris, and in 1910 FUKAGAWA SEIJI was recognized as having greatest technology in Japan, and appointed official purveyor to the Japanese Imperial Household.

Making all materials, glazes and paints internally from their initial composition down to their finishing touches, this unique company has the largest expert workforce in all of Arita, with seven of national qualified traditional technical artists.

The artists have excellent skill, and hands of them are making the world’s greatest quality porcelain which is described as the silent beauty, the refined and graceful design is receiving public attention.