京都市は右京区のお宅にて須田剋太の油絵を買い取らせていただきました。

須田剋太(すだ こくた、1906年5月1日 – 1990年7月14日 )は、埼玉県出身の洋画家です。

旧制中学卒業後、独学で絵画を学ぶなかゴッホと写楽に傾倒します。

30歳の頃に文展で初入選を果たすと、3年後の1939年には「読書する男」が特選に選ばれその実力が認められていきます。

1949年に抽象絵画の旗手、長谷川三郎との出会いを通して、審査のあり方など画壇の派閥に影響された官展と決別する意志を固め国画会に入り抽象画の道へと進みます。

1957年のサンパウロ・ビエンナーレ国際美術展(伯)への出品他、ヒューストン美術展(米1959年)、プレミオ・リソーネ展(伊1960年)、そしてカーネギー国際現代絵画彫刻展(伊1961年)への出品など活動の幅を海外にも広げ、激しい感情をこめたダイナミックな抽象表現を展開しました。

画家須田剋太が一般に広く人気を博するきっかけとなったのは、「挿絵の革命」とも評価されることになった、司馬遼太郎に同行して週刊朝日で連載された「街道をゆく」の挿絵を担当したことでしょう。1971年から掲載された『街道をゆく』の挿絵原画は、司馬遼太郎氏が『週刊朝日』に連載していた紀行文の挿絵として描かれたもので、国内外の風土と人間が須田独特のエネルギッシュな画風で表現されています。

「青い酒」と題されたこちらの油絵には、須田特有の力強さ、奔放さ、混沌としたエネルギーが渦巻いた世界が表現されています。

3 4 5 6 7 10 11 13

We visited Ukyo district of Kyoto City and purchased an oil painting by Suda Kokuta.

Suda Kokuta (須田剋太 May 1st, 1906 ~ July 14th, 1990 ) infused his works with ceaseless energy in a distinctive and vigorous style. After having experimented with various media in figurative painting in the early years, Kokuta started working on abstract paintings in the 1950s. Later, he was introduced to the avant-garde calligraphy through the Bokubi journal and the Bokujin-kai members. Kokuta was enchanted with the medium, and had worked on a great many calligraphic pieces from a contemporary abstract painter’s point of view.

Titled as “Aoi Sake” (青い酒 Blue Sake, Blue liquor), this oil painting demonstrates Suda’s free sprit, affluent energy, passion, and chaotic nature.