滋賀県は大津市にて木目込み雛人形を買い取らせていただきました。

木目込人形(きめこみにんぎょう)とは桐塑または木で作られた人形に、衣服の皺や模様の形に本体に筋彫りを入れ、筋彫りに目打ちなどで布の端を押し込んで衣装を着ているように仕立てた人形です。

もとは京都で発達した木目込人形が江戸に伝わったもので、正徳年間(1711~15)にはすでに江戸へ下った京都の人形師が多かったといわれます。江戸が文化の中心地として発展してくるにつれて、木目込み人形も江戸風に変化しました。

江戸における木目込み人形には岡本玉水人形系統と名川春山人形系統の2系統がありますが、このうち初代名川岩次郎は、天保3年(1841)28歳のとき浅草須賀町の人形師瀬山金蔵より独立して、本所両国に創業し、以後両系統の弟子達により技術、技法が継承されています。

本品は今日現役で活躍する6代目春山の叔父にあたる五代目名川春山の作品となります。柔和な個性がにじみ出る面相書きが施され、シンプルながら非常に上品に仕上げられておりますので時を経ても色あせない魅力をはなっています。

2 3 5 6 7 8 13

We visited Otsu city of Shiga prefecture and purchased set of Hina-ningyō.

Hina-ningyō (雛人形 Hina dolls) is a set of ornamental dolls representing the Emperor and the Empress. It is displayed on Hinamatsuri (雛祭り also called Doll’s Day or Girls’ Day).

Hinamatsuri traces its origins to a Heian period custom called hina-nagashi (雛流し “doll floating”), in which straw hina dolls are set afloat on a boat and sent down a river to the sea, supposedly taking troubles or bad spirits with them.

This set was made by Haruyama Nagawa the 5th(五代名川春山)from the Nagwa Family, starting doll making business since 1841.

To this day, each and every doll from Nagawa Family is hand crafted.