京都市は北区のお宅にて増長天邪鬼の木彫り面を買い取らせていただきました。

増長天(ぞうじょうてん、ぞうちょうてん)、梵名ヴィルーダカは、仏教における天部の仏神として、持国天、広目天、多聞天と共に四天王の一尊に数えられます。増長天は、四天王の一体、南方を護る守護神として造像される場合が多い、増長天邪鬼とはこの増長天に踏みつけられるに踏みつけられている悪鬼ということになります。

こちらの増長天邪鬼の面は国宝として法隆寺金堂に安置されている日本最古の木造四天王立像の増長天に踏みつけられている天邪鬼をモデルにして面にしたものです。法隆寺の邪鬼の四肢は手かせ足かせで拘束されており、暴れる心配がないので、四天王も静かに直立しているのだと解釈されていますが、そういう風にこの面に示された邪気の表情は確かにどこか観念したような印象をあたえます。

2 3 4 5 7

We visited Kita district of Kyoto City and purchased wooden mask of Amanojaku.

Amanojaku (天邪鬼) is a demon-like creature, depicted as being trampled on and subdued into righteousness by Bishamonten or one of the other Shitennō (四天王 Four Heavenly King). Four Heavenly Kings are important figures in Buddhist mythology

This Amanojaku is trampled by Virūḍhaka, one of the Four Heavenly Kings. His name means “He who enlarges” or “Patron of Growth”, and he is the guardian of the South.

This wooden mask of Amanojaku was modeled by the Japan’s oldest wooden statue of Shitennō, which are national treasures kept in Hōryū-ji (法隆寺 Temple of the Flourishing Law), a Buddhist temple that was once one of the powerful Seven Great Temples founded in 607.