京都市は東山区のお宅にて飛騨春慶(ひだしゅんけい)の花瓶を買い取らせていただきました。

岐阜県高山市の飛騨春慶は日本三大春慶塗のひとつとして数えられ、またその中では唯一、伝統的工芸品として第一次指定を受けています。

飛騨春慶の由来は江戸初期の慶長12年(1607年)、当時の高山城主であった金森重頼のとき、大工の高橋喜左衛門が椹(さわら)の木で作った、蛤(はまぐり)の形のお盆を、重頼の長兄である重近(宗和)に献上し、気に入った重近が、塗師の成田三右衛門に塗らせたのが始まりとされています。

以後、自然のままの木目を生かした黄金色の漆器“春慶塗”は山国である飛騨らしい特産品となりました。誕生当初は、茶器としての利用が主でしたが、江戸時代以降、盆や重箱など一般生活用品も多く作られるようになり、庶民も手にするようになりました。

伝統的工芸品として現在まで職人の手作業によってひとつひとつ丁寧に作られています。

本花瓶も春慶塗の特色である飴色に浮かび上がった木目が際立った美しい一品です。

2 3 4 5 6 9

We visited Higashiyama district of Kyoto City and purchased flower vase of Hida Shunkei lacquer ware (飛騨春慶).

Hida Shunkei lacquer ware is a traditional handicraft in the cities of Takayama (高山) and Hida(飛騨) in Gifu Prefecture(岐阜). The origin of this craft dates back to 1606. A head carpenter, who were engaged in building temples and shrines in the castle town of Takayama, happened to discover beautiful straight grains, when he chopped a piece of sawara cypress wood apart. He made it into a tray and lacquered the surface. Because the coloring of this tray resembled “Hishunkei,” a famous tea ceremony tea jar made by master potter, Kato Kagemasa(加藤景正), the name Shunkei was given to this lacquer ware.

What makes Hida Shunkei lacquer ware so special is the way that the beauty of the surface of the wood is brought out by the application of a transparent coating of lacquer. It is also characterized by its delicate technique of hegime (grooves that are carved out between the wood grains). When exposed to the light, the grains with hegime grooves glow gold through the transparent lacquer. The more it is used, the more gloss it takes on. Hida Shunkei is extremely appealing and robust form of lacquer ware.