大阪府は箕面市のお宅にて中国陶器の火鉢を買い取らせていただきました。

乳青色の釉(うわぐすり)をかけた青磁で、その起源は中国,金代・明代に鈞州と呼ばれた河南省禹県を中心に作られた鈞窯(きんよう)と呼ばれる陶器です。

鈞窯の釉薬(うわぐすり)は日本ではその艶のある色合い海鼠釉(なまこゆう)とよばれることが多いです。鈞窯は宋・元代に河南省鈞州はじめ華北各地で作られるようになり、明・清代には華南で模倣されました。

本品は鈞窯系統の中国宜興窯の宜均(ぎきん)と呼ばれる陶器の火鉢です。

作者、葛明祥(かつめいしょう)は清朝乾隆・嘉慶(1736-1820)頃に活躍した宜均の名工として知られています。同じく宜均の名工である弟、葛源祥(かつげんしょう)と生み出した作品の多くは日本にも輸出され、逆に葛明祥・葛源祥兄弟の作品は現在では中国では大変入手が困難になっています。

その美術的価値から人気があり高額での取引も珍しくないまさに逸品とよぶにふさわしいでしょう。

2 3 4 5 6 7 10

We visited Minoh city of Osaka prefecture and purchased a hibachi bowl(火鉢 Fire bowl).

This is Yixing ware (宜均), stoneware with streaked dark blue glaze, made by Ge Mingxiang (葛明祥 aka Katsu Meisho in Japan), China, Qing dynasty (清朝), in the mid-18th century.

Ge Mingxiang and his brother Ge Yuanxiang (葛源祥 aka Katsu Gensho in Japan) succeeded and expanded the family kiln in China.

Their works were so sought after and brought to Japan in large numbers that they are now more difficult to obtain in China. The streaked dark blue glaze is very typical of their style.