京都市は下京区のお宅にて木版による着物の文様集を買い取らせていただきました。

木版による着物の文様カタログは江戸時代に刊行された小袖の見本帳として雛形本(ひながたぼん)が登場したのが始まりです。当時はファッション誌的役割、あつらえの注文見本としての役割を持っていました。これらは小袖雛形本とも呼ばれています。小袖雛形本の大半は京都で出版され、染色家によって製作されました。代表的人物としては宮崎友禅(みやざきゆうぜん-1758)や浮世絵師としても活躍した菱川師房(ひしかわもろふさ 1685-1703)などがあげられます。

雛形本は木版刷りの最先端のファッションブックとして江戸期中期から後期にかけての約150年間の間に120種以上が刊行されましたが、その後は衰退していきます。

本書は従来の雛形本が衰退したのちの大正7年(1918年)に刊行された文様集になります。

当時の流行を知るうえでの資料的価値はもちろん、見ているだけでも楽しめる本となっています。

 UY3A8716 UY3A8715 UY3A8714 UY3A8713 UY3A8712 UY3A8710 UY3A8705 UY3A8707 UY3A8706 UY3A8698 UY3A8702 UY3A8703 

We visited Shimogyō district of Kyoto City and purchased Kimono design catalog..

Hinagatabon (雛形本) is a picture book which showed color samples, textures, and patterns of clothing used when ordering kimono. In particular, the word hinagatabon often referred to a printed book which recorded the patterns of kosode (小袖), a padded silk garment worn during the Edo period. A picture of a popular pattern was drawn in the shape of a kosode on each page. Most of these books were published solely in Kyoto. Hinagatabon were produced by dyers such as Miyazaki Yuuzen (宮崎友禅 ?-1758) and Hishikawa Morofusa (菱川師房 1685-1703) who also worked on ukiyo-e (浮世絵) prints. Ukiyo-e artists producing these books include Hishikawa Moronobu (菱川師宣1618-94), Nishikawa Sukenobu (西川祐信1671-1751), Yoshida Hanbee (吉田半兵衛1660-92), Imura Katsuyoshi (井村勝吉), Tachibana Morikuni (橘守国1679-1748) and Ebishiya Chuushichi (絵菱屋忠七). Hinagatabon are important for the study of kosode fashion as well as of ukiyo-e woodblock printing techniques and artists.