京都市は南区のお宅にて経典を高額買取させていただきました。

本経典が編まれた「寛文壬寅仲冬日」とは1662年の冬を意味し、「草山瑞光寺」とはこれが編まれたのが京都洛南の深草にある日蓮宗の瑞光寺であることを示しています。

瑞光寺の起源は開祖、元政上人(げんせいしょうにん1623-68)が洛南深草の竹の里、旧極楽寺に草庵を結んだことにはじまります。庵の名を章安大師の故事にちなんで、称心庵と名付けられましたが、寛文元年(1661年)の称心庵の仏堂が完成し、中正日護作の釈尊像を安置して瑞光寺と改めてから今日にまで至ります。

本経典はまさに瑞光寺が正式に誕生した翌年に編まれたものであるとともに、その年の夏には寛文京都地震と呼ばれる大地震が近畿を中心に発生し数百名を超える死者を出す甚大な被害な中で、京の民衆が宗教に求める救いが特別な意味をもっていたときに編まれたものです。

大地震の困難なときにあって宗教的癒しを求めて瑞光寺を訪れた京の民衆は元政上人がまさにこの経典を通して唱える経を心に刻んだことでしょう。

表紙にあしらわれた金彩は華麗でありながら素朴な自然の美しさを表現しています。

IMG_9768 IMG_9771 IMG_9773 IMG_9775 IMG_9777 IMG_9779 IMG_9782

We visited Minami district of Kyoto City and purchased the manuscripts of sutra of Nichiren Buddhist School.

These manuscripts were made on the winter day in 1623 (寛文壬寅仲冬日) at the Zenkoji temple (草山瑞光寺) in Kyoto.

Zuikoji was indeed founded in the previous year, 1661, by a renowned Buddhist monk and scholar Gensei Shonin (元政上人 1623-68).

Another notable fact is that it is the year when the enormous earthquake hit the Kyoto and nearby areas causing serious damage. Over 200 people in Kyoto died of the earth quake. Such tragedy made its people lean on religious consolation even more.

At the time Zuikoji had just been founded and it was the place people of Kyoto turned to in such difficult time. And these were the Sutra manuscripts Gensei Shonin read to and for the suffering people.

Front cover is decorated with gold, making them elegant yet expressing subtle beauty of the nature.