京都市は東山区の旧家にて装飾経を買い取らせていただきました。

装飾経(そうしょくきょう)は、仏教で使用される経典のうち、料紙に美麗な装飾を施したものを指しますが、特に本品のように紺の染紙を用い、金銀泥で経文を書写したものは紺紙金泥(こんしこんでい)として知られています。

美術史、書道史で「装飾経」という場合、日本の平安時代に貴族などの発願によって制作された美麗な経典を指すことが多く、紺紙金泥もこの時期に数多く制作されました。

UY3A4097 UY3A4098 UY3A4100 UY3A4101

We visited Higashiyama district of Kyoto City and purchased the Soshoku-Kyo (装飾経 decorated script of Sutra).

Soshoku-Kyo refers to a type of Kyoten (経典 Sutra) script whose base paper has flamboyant decoration.

With deep-blue base paper and written with “gold and silver mud” (金銀泥 paint made of powdered gold and silver), this type is especially called Konshi Kondei (紺紙金泥 deep-blue paper and gold mud). The production of Soshoku-Kyo began as early as Heian period (平安時代).