京都市は西京区のお宅にて古書を買い取らせていただきました。

こちらは王羲之(おう・ぎし303年-361年)による草書をおさめた「十七帖」の刻本です。

王羲之は中国東晋の政治家・書家であり、書の芸術性を確立した普遍的存在として、能書(書が優れたひと)の代表として書聖と称されます。後世の書人に及ぼした影響は絶大であり、その書は日本においても奈良時代から手本とされて、現在もその余波をとどめています。

「十七帖」は羲之の手紙29通を集めて一巻としたもので古来より草書の神品とされています。こちらの「十七帖」刻本は1773年(安永癸巳)に刊行されていますが、保存状態も優れている貴重な逸品です。

UY3A8818 UY3A8819 UY3A8820 UY3A8821

We visited Nishikyo district of Kyoto City and purchased the woodblock printed, antique book in Edo period.

Titled as “On the Seventeenth Day” (十七帖),  is a selection of twenty-nine letters written by Wang Xizhi (王羲之, 303–361) . The title derives from the initial characters of the first letter.

Wang Xizhi was a Chinese calligrapher traditionally referred to as the Sage of Calligraphy (書聖). He has arguably been the most esteemed Chinese calligrapher during and after the Tang Dynasty, and a master of all forms of Chinese calligraphy, especially the running script.

In addition to the esteem in which he is held in China, he has been and remains influential in Japanese calligraphy.

This woodblock printed version was published in 1773. Very well preserved.