奈良県は桜井市のお宅にて市松人形を買い取らせていただきました。

市松人形は、女の子たちの遊び相手として長い歴史を持つ、代表的な愛玩用の人形です。その名は、江戸時代中期の人気俳優・佐野川 市松の似顔人形が発売されて評判を呼んだことに由来するといわれます。京阪では、これをつづめて「いちまさん」の愛称で普及し、また江戸では、単に「人形」といえばこの種のものを指していました。

現在の市松人形の多くは、正装を着付けた飾り人形となってしまいましたが、このタイプは台座に固定された立像で、着せ替えができません。本品のように座りや着せ替えができるタイプは、専門の人形作家の手によるものです。むかしは裸のままの人形を求め、各家庭で衣裳を手縫いすることもありました。女の子にとっては、良き教材でもあったことでしょう。

IMG_1686 IMG_1687 IMG_1696

We visited Sakurai City of Nara prefecture and purchased the Ichimatsu Ningyo (市松人形 Ichimatsu Doll). Ichimatsu dolls represent little girls or boys, correctly proportioned and usually with flesh-colored skin and glass eyes. The original Ichimatsu were named after an 18th-century Kabuki actor, and must have represented an adult man, but since the late 19th century the term has applied to child dolls, usually made to hold in the arms, dress, and pose (either with elaborately made joints or with floppy cloth upper arms and thighs). Baby boy dolls with mischievous expressions were most popular in the late 19th and early 20th century, but in 1927 the friendship doll exchange involved the creation of 58 32″ dolls representing little girls, to be sent as a gift from Japan to the United States, and the aesthetic of these dolls influenced dollmakers to emulate this type of a solemn, gentle-looking little girl in elaborate kimono.