京都市は南区のお宅でレトロな扇風機を買い取らせていただきました。

社名のShibaura Engineering Works Co.,Ltd.は芝浦製作所、東芝の前身にあたります。

日本に扇風機が初めて販売されたのは1893年、アメリカから輸入されたものでしたが翌年1894年に国産品の製造をはじめたのが芝浦製作所です。

当時はまだ高価なもので庶民の手に届くものではありませんでしたが、その後技術改良を経て1918年からは一般家庭に向けて量産開始されました。当時は「扇風機といえば芝浦」といわれるほどのトップシェアを誇っていました。

第二次世界大戦に突入すると軍需生産優先となり、1941年に政府から一般扇風機の製造中止命令が出され、一般に向けて製造が再開されるようになるのは1947年になってからです。

本品は12インチの金属製の4枚羽の卓上扇であることから、量産が始まった1920年前後に製造されたものだと思われます。戦時期には金属回収令のために鍋、やかん等ともに金属製扇風機も集められたという証言もあるなかで、貴重な一品となります。

IMG_0822 IMG_0827

We visited Minami-ku district of Kyoto City to purchase this vintage electric fan.

The maker, Shibaura Engineering Works Co.,Ltd. later has become known to worldwide as Toshiba Corporation.

First electric fan was introduced to Japan in 1893, which was imported from the US.

It was next year 1894 that the Shibaura Engineering Works started manufacturing electric fans for domestic market, and soon became top manufacturer of electric fans throughout 1920s and 1930s.

When the World War 2 broke out and Japan involved oneself into, the government ordered to end the manufacture of the product in order to concentrate on strengthening military force. It was in 1947 that manufacture of electric fans restarted.

The photos show the fan consisting of 4 blades of 12 inches, made of metal, which indicates this was made around 1920.