大阪は堺市のお宅より錫製の茶筒を買いとらせていただきました。

明から伝来した煎茶法を起源とする日本の煎茶道では、最初期に伝来したものが錫製であったこと、また中の茶葉がしけらず品質を長く保つことが出来るという実用上の理由からも、現在に至るまで錫製の茶器が最上となります。本品は「乾茂號造」という在銘品であることより、中国から伝わったものであり人気の高いものになります。

錫製の茶器は、本品のように年代を経て黒ずみがあるもののほうが色合いに柔らかさと味わいが加わり価値が高くなるという点もコレクターにとって大きな魅力のひとつです。

 

IMG_1138 IMG_1145

 

We visited Sakai City of Osaka prefecture to purchase this beautiful tin tea-caddy.

Japanese “way of tea”, aka Tea ceremony, originated from China around 15th century, regards tin as supreme, the highest grade for its utensils.

Especially when it comes to tea caddy, tin has advantage in preserving the tea leaves in good condition.

This tea caddy has a name (乾茂號造) inscribed, the name indicating it is one of the popular artist’s work from China.

It is interesting fact that tin-made Tea Ceremony utensils gets more valuable when it gets old and has some stain from oxidation than when it is still new and shining.

This fact, the older the better, makes tin tea caddy a collector’s choice.