京都市左京区にお住まいの戦前の青島の写真ネガフィルムを買い取らせていただきました。

19世紀末期からドイツが実権を強めていた中華人民共和国山東省に位置する青島(チンタオ)は、第一次世界大戦を契機に日本の占領下となり一時は中国に返還しましたが、1937年の日中戦争以降は再び日本軍の占領下となる、そんな複雑な歴史を持つ地です。

高橋写真館は青島をとりまく国際情勢が激動をきわめる1901年に営業を開始しました。明治、大正から昭和をかけて青島の中心である中山路に大きく構え富裕層を中心に繁盛したようです。

当時はカメラは一般家庭が所有できるものではなく今日に残る当時の写真も写真館で記念撮影されたものが中心ですのでその殆どは家族写真などの肖像であり、当時の道路や一般の風景をうつしたものというのは絵葉書を除いて実は数も多くなく貴重です。

今回のフィルム全70枚の中には電車や街並みが収められたものもありバラエティに富んでいる点で価値のあるコレクションといえるでしょう。

 

UY3A5438 UY3A5439 UY3A5440 UY3A5443

 

We purchased this collection of old photos from a local resident in Kyoto City.

These are the photos of  Qingdao city (青島 also spelled Tsingtao) in China, before the World War Ⅱ period.

Qingdao, famous for Tsingtao Brewery and named as among China’s top ten cities by the Chinese Cities Brand Value Report in 2007, has a complicated history.

By the end of the 19th century, the city was under the German colonial rule, thereafter replaced by Japanese occupation.

It was during such period when the Takahashi Photo studio (高橋写真館) opened in Qingdao in 1901.

It was the biggest Photo studio in the city located in the main street of Qingdao at that time.

Since no one owned personal camera in those days, most pictures taken at photo studios were mainly family portrait of special occasions.

Therefore it is somewhat rare to find photos of scenery or photos that capture people’s everyday life.

So it was lucky for us that this collection of 70 photos have some unique ones we don’t see often.